婚活の成功はチャンスを逃さないこと

婚活のチャンスをつかむ

私は東京での婚活を2年ほどしましたが、最初は本当にうまくいかなくて焦ってばかりでした。
カップルにはなれないし、お付き合いするレベルにまで行かないことが続き、
婚活って本当に難しいと思っていました。

でも私は婚活を成功させようとしていながら大事なことを見逃していたのに気が付きました。
それは「チャンスを逃していた」ということでした。

それを一番実感したのは、とある婚活パーティーでのことでした。
私はいつも「この人!」と思った一人だけを狙い、
カップリングできるようにフリータイムでアピールしたり、
メッセージカードを渡して連絡先を交換したりしていました。

でも、そのやり方だとその人とNGとなった時にはチャンスが0になってしまいます。
他にも少しでもいいなと思った人に気を配れなかった事で、
そこから、もしかしたら素敵な出会いになったかも知れないチャンスを、
自分で逃していました。

それに気がついてからの私は、
チャンスを自分で逃がさないことを心がけ、
気になる人には種まきをして、次に「会う」ということにつながるように努力をしました。

そんな努力の結果、
パーティーで出会った人の友人を紹介してもらうことになりました。
実はそれが今、結婚を前提にお付き合いをしている「彼」なのです。