バツイチ、30超えの女性でも婚活のチャンスはあり

東京で新婚生活を送るカップル

私が婚活を始めたのは33歳の時のことです。
婚活を始める半年前に元夫の浮気とわがままが原因で離婚をしていました。

その元夫(結局浮気相手とは上手くいかず)よりも、絶対に先に再婚する!
と決心して婚活をスタートさせました。

この時点で低収入・30歳オーバー・バツイチと、かなりのハンデ。
同世代の友達はみな既婚者でしたので、
合コンや職場には出会いはあまり期待できない状況でした。
そこでいわゆる婚活パーティーに参加しました。

最初は独身をこじらせた友人が参加していたパーティーについて行ってみました。
参加してみると思いのほか声をかけて頂き、
自分の市場価値がまだまだ捨てたものではないのかと期待が持てました。

しかし、一緒に参加した友人の妬みも同時にかってしまい、
初めての婚活パーティは友人に気をつかって疲れてしまうだけに終わりました。

1回目の反省事項は、婚活パーティーは単独で参加するほうが良いということです。

2回目の婚活パーティーは同じ会社が主催した高収入の男性限定というパーティーです。
特に、お金持ちと結婚したい!という訳ではなかったのですが、
せっかくのチャンスだから弁護士や医者、経営者といった方が
集まるパーティーの様子をただ見てみたいという興味本位のほうが先でした。

ところがここで出会った外資系企業に勤務する
高学歴・高収入・イケメンのハイスペックな男性とお付き合いすることとなりました。

はじめはこんなに好条件な人が、と疑いの目まで持ってしまいましたが、
性格も温厚で楽しい方です。

仕事や経歴関係なく楽しく話せたこと・・・
海外生活が長く、離婚経験も気にしないとのことです。
ハイスペック男子だからと言って媚びたり気取ったりするより、
本来の自分らしさで勝負することが大事だと感じました。

チャンスはチャンス、自分で「無理」と決めつけるのではなく、
とにかくチャレンジしてみるのもありかと思います。

このことをきっかけに、
私の周りでは、結婚相談所に登録してより好条件の男性との出会い
積極的に求めようとしている友人も増えてきました。


工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|JALカード|住宅リフォーム総合情報|GetMoney|女性向けエステ.com|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|FXで儲ける方法|健康マニアによる無病ライフ